Category: 10.更新履歴

ハイローオートアップデート(ver.3.3.3.2)

Version 3.3.3.2の更新内容は以下のとおりです 。 フライングエントリー利用時、フライングエントリー時点ではサインがありエントリーしたがエラーでエントリー失敗し、リトライ機能により再度エントリーを試みるタイミングでサインが消えていた場合に表示されるエラーメッセージを【エントリー失敗(エントリー許容時間をオーバーしました。)】から【エントリー失敗(サインが消えています。)】に変更しました。 次回ハイローオートを起動するとアップデートが促されます。 ハイローオートの動作確認には、動作確認用インジケーターをどうぞ。

ハイローオートアップデート(ver.3.3.3.1)

Version 3.3.3.1の更新内容は以下のとおりです 。 BITCOINのTurbo取引に対応しました。 リアル口座ログイン後に現れる「BITCOINのTurbo取引開始」の告知ウィンドウを自動的に閉じるようになりました。自動的に閉じない場合は、一度ブラウザ部分のハイロー取引画面をクリックし、告知ウィンドウを手動で閉じてください。 次回ハイローオートを起動するとアップデートが促されます。 ハイローオートの動作確認には、動作確認用インジケーターをどうぞ。

ハイローオートアップデート(ver.3.3.2.9)

Version 3.3.2.9の更新内容は以下のとおりです 。 変えホーダイプラン利用アカウントにおいて、変更後のハイローIDを空欄にすると警告が出るよう変更しました。 次回ハイローオートを起動するとアップデートが促されます。 ハイローオートの動作確認には、動作確認用インジケーターをどうぞ。

ハイローオートアップデート(ver.3.3.2.8)

Version 3.3.2.8の更新内容は以下のとおりです 。 変えホーダイプラン利用アカウントにおいて、変更後のハイローIDの前後に半角スペースが混入した場合、半角スペースを自動的に削除するよう変更しました。 次回ハイローオートを起動するとアップデートが促されます。 ハイローオートの動作確認には、動作確認用インジケーターをどうぞ。

ハイローオートアップデート(ver.3.3.2.6)

Version 3.3.2.6の更新内容は以下のとおりです 。 一部の環境でObjectAUTO.ex4とAlertAUTO.ex4が自動的にダウンロードされない不具合を修正しました。 次回ハイローオートを起動するとアップデートが促されます。 ハイローオートの動作確認には、動作確認用インジケーターをどうぞ。

ハイローオートアップデート(ver.3.3.2.5)

Version 3.3.2.5の更新内容は以下のとおりです 。 MT5に対応しました。システム設定の「連携するMT4の設定」でMT5を選択すると、選択されたMT5に自動的にSignalAUTO.ex5がダウンロードされます。現在のところ、MT5に対応しているのはバッファ型サインインジケーターのみです。 次回ハイローオートを起動するとアップデートが促されます。 ハイローオートの動作確認には、動作確認用インジケーターをどうぞ。

ハイローオートアップデート(ver.3.2.0.1)

Version 3.2.0.1の更新内容は以下のとおりです 。 ゴールドとビットコインに対応しました。ゴールドに利用できるのは以下のシンボル名です。 XAUUSD/GOLD(XAUUSD.xyz/GOLD.xyz等のサフィックスが付いたものでも可)ビットコインに利用できるのは以下のシンボル名です。 BTCUSD(BTCUSD.xyz等のサフィックスが付いたものでも可)

Next Page »