記事を検索

Category: 10.更新履歴

ハイローオートアップデート(ver.2.0.4.1)

Version 2.0.4.1の更新内容は以下のとおりです 。 HighLow15分の5分未満判定を使用時、59分のタイミングで判定時刻が切り替わらない問題を修正しました。 エントリー許容時間を超えてエントリーする問題を修正しました。なお、エントリー許容時間の設定は、マーチンエントリーには影響しません。

シグナルオートアップデート(ver.1.21)

Version 1.19の更新内容は以下のとおりです。 サインインジケーターがHIGHサインとLOWサインを同時に出した場合、両方をアラート表示するようにしました。 【シグナルオートが検知したサインを表示する】機能を追加しました。 【シグナルオートが検知したサインを表示する】機能をオンにすると、 SignalAUTO がサインインジケーターのサインを検知した際、チャート上に矢印を表示します。SignalAUTOを適用してから後に検知したサインのみ表示しますので、過去のサインは無視されます。デフォルトではオンになっておりますので、必要のない方は適宜オフにしてください。オンにしてもサインが出ない場合は、SignalAUTOを一度削除し、再度適用してください。

ハイローオートアップデート(ver.2.0.3.1)

Version 2.0.3.1の更新内容は以下のとおりです 。 ハイローオートがエントリーしてからHighLow.comの約定結果をチェックする回数を2回から9回に変更しました。 ハイローオートがエントリーしてからHighLow.comが約定結果を返さなかった場合、レスポンスが無かった旨を取引履歴に記録するようになりました。 稼働時間設定が影響するエントリー時間について変更を加えました。詳細は以下のとおりです。 これまでの稼働時間設定の影響 月曜日の14時のチェックをオフにした状態で、14:00:00のシグナルに対しフライングエントリー3秒(13:59:57エントリー)で設定した場合、当該シグナルは 13時台のシグナルとして処理され 、エントリーされました。 変更後の稼働時間設定の影響 月曜日の14時のチェックをオフにした状態で、14:00:00のシグナルに対しフライングエントリー3秒(13:59:57エントリー)で設定した場合、当該シグナルは14時台のシグナルとして処理され、エントリーされません。

Next Page »